「死ね」などの暴言を吐く虐待妻との面会交流を成功させた夫Yさんの事例

会社員
スピード解決
精神的虐待
面会交流
世帯年収:600~800万円
スピード離婚
相手が離婚に応じない
精神的虐待
ご相談者Yさん (北九州市)
30代男性
職業:会社員
世帯年収:600万円
婚姻期間:10年
解決方法:協議離婚
子どもあり (10歳男の子)
離婚を切り出した

相手:30代パート

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

サポート
サポート
利益
離婚 ×
養育費 月額
10万円
月額
5万円
 月額
5
万円
財産
分与
0円 200
万円
200
万円
面会
交流
× 月1回

 

状況

Yさんは、10年前に妻と結婚しました。

Yさん夫婦には、10歳の男の子がいます。

Yさんは、ときおり、激昂し、自分のことを罵る妻に怯えるようになりました。

妻は些細な事でYさんを責め立て、執拗に人格を攻撃していたのです。

それでもYさんは、妻の良いところをできるだけ見るようにして我慢していました。

 

ある日、Yさんは、妻から「死ね死ね死ね・・・」と無数に「死ね」という文字が羅列されたメールを受け取りました。

Yさんは、ショックのあまり、妻との生活をあきらめて、どのようにして離婚するか相談するために当事務所に来ました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、Yさんの離婚の意志が固かったため、離婚の交渉を受任しました。

そして、Yさんが妻に対して恐怖心をもっていたため、Yさんにまず引っ越しをするよう助言しました。

そして、Yさんが別居する日に合わせて妻に協議離婚の申入れを文書で送付しました。

また、弁護士は、財産分与と面会交流を求めました。

 

妻は、最初、離婚や面会交流に応じないと言って協議を拒みました。

しかし、弁護士は妻の言動が精神的虐待にあたること等を主張しました。

また、面会交流が子どもにとって重要であること、仮に、面会交流に応じない場合親権を渡さないこと等を主張しました。

 

弁護士の粘り強い交渉の結果、妻は離婚に応じ、面会交流については、月に1度、宿泊付きでの交流に応じてくれました。

 

補足

面会交流は、離婚後、親権者とならなかった片親が定期的に子供と交流する制度です。

日本は、アメリカなどの外国と異なり、離婚によって単独親権となりますが、親権を持たない親も親であることには違いはありません。

当然、親として子供と交流する権利を持っています。

また、子供にとっても、離婚後、できるだけ環境変化のストレスを与えないために、双方の親とこれまでどおり、交流することがベストです。

 

面会交流について、詳しくはこちらをごらんください。

 

この事例の離婚に関する説明は、こちらをごらんください。

この事例の養育費に関する説明は、こちらをごらんください。

この事例の財産分与に関する説明は、こちらをごらんください。

 

 



その他の事例はこちらからどうぞ