夫と離婚をせずに不貞相手の女性から慰謝料200万円を獲得したTさんの事例

慰謝料の増額
不貞行為
専業主婦
ご相談者Tさん (山口県下関市)
30代女性
職業:専業主婦


相手:夫と同じ職場で働くNさん(20代女性)

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

サポート無 サポート有 増額利益
慰謝料 0円 200万円 200万円

状況

ある日、Tさんは夫が会社の同僚と浮気をしていることを知りました。

当初Tさんは、夫と離婚をした上で、夫と浮気相手の女性Nさんの双方に慰謝料を請求しようと考えていました。

しかしながら、夫がTさんとの婚姻関係を継続することを強く希望していたため、Tさんも夫との離婚はせずにNさんにのみ慰謝料を請求することにしました。

Tさんは、ご自身でNさんとの交渉をすることも検討しましたが、感情的になり冷静な交渉ができないのではないかと考え、弁護士に依頼をされました。

 

弁護士の関わり

弁護士はNさんに対し、慰謝料請求の通知を行いました。
通知書には、Nさんに対し300万円の慰謝料を請求すること、NさんからTさんや夫への接触は一切しないようにすること等を記載しました。
通知書を受け取ったNさんはすぐに弁護士を立てました。

Nさんの弁護士からの回答は、不貞行為をしたこと自体は争わないけれども300万円の支払には応じられず、支払額を減額して欲しいというものでした。
Tさんとしては、簡単に減額したくないと考えていましたが、Nさんが今後夫との接触をしないことを約束すること等を条件に一定の減額に応じることにしました。

最終的には、Nさんが求償権を放棄すること、夫との接触をしないことを前提に慰謝料200万円での和解が成立しました。

 

補足

本件において、Tさんの希望は、①Nさんから一定の慰謝料を獲得すること、②Nさんと夫が二度と接触しないことの2つでした。
まず、①について、Tさんと夫が離婚をしない以上、婚姻期間や不貞期間等のその他事情を考慮しても、裁判で認められる慰謝料額は100万円前後になることが予想されました。

そのため、100万円以上の慰謝料を獲得することを目標として交渉を続けました。

また、②について、夫とNさんが同じ職場で働いていたことから、一度はNさんに対し退職することを要求しました。

しかしながら、Nさんが職場を辞めたくないと考えていたことや、転勤の予定があったこと、仕事を退職すると慰謝料を支払えなくなること等から、最終的には職場を退職するのではなく、単に接触を禁止する条項をつけて和解をすることにしました。

本件では、Nさんの収入が一定程度あったこと、夫とNさんが同じ職場であったことがポイントとなり、裁判基準より比較的高い金額での合意ができました。

このように、交渉では相手方の支払能力や今後の見通しを踏まえ、柔軟な解決を図ることが可能です。
配偶者の浮気相手への慰謝料請求で悩まれている方は、是非一度専門家である弁護士にご相談されてみてはいかがでしょうか。

慰謝料額の考慮要素について詳しくはこちらをご覧下さい。

 

 



その他の事例はこちらからどうぞ

※下の各ボタンをクリックすると別サイト(姉妹サイト「福岡の弁護士による離婚相談」)に飛びます。

Titlecategory

離婚の解決事例 親権の解決事例 養育費の解決事例 面会交流の解決事例
財産分与の解決事例 慰謝料の解決事例 年金分割の解決事例 婚姻費用の解決事例

 

 

TitleGenin

性格の不一致が原因の解決事例 モラハラが原因の解決事例 DV暴力が原因の解決事例 不倫 浮気が原因の解決事例

 

TitleShoku

会社経営者の方の解決事例 会社員の方の解決事例 専業主婦の方の解決事例 パートアルバイトの方の解決事例
医師の方の解決事例 公務員の方の解決事例

 

 

TitleSetai

年収400万円未満の方の解決事例 年収400〜600万円の方の解決事例 年収600〜800万円の方の解決事例 年収800〜1000万円の方の解決事例 年収1000万円以上の方の解決事例