車上生活を始め住居不定となった夫から通常より高額の養育費を勝ち取った事例

会社員
養育費の増額
不貞行為
所在不明
連帯保証人
ご相談者Nさん (北九州市門司区)
30代女性
職業:会社員
解決方法:調停離婚
子どもあり (4歳)
離婚を切り出された

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

サポート無 サポート有 増額利益
養育費 0円 月額6万円
(大学卒業時まで)
月額
6万円
連帯保証人 連帯保証人のまま 連帯保証人からはずれる 負債
相当額

 

状況

ご相談に来られたNさん(30代)は、夫との間に4歳になる子どもがおり、共働きでした。

Nさんは、夫から突然離婚を切り出され、返答に困っていたところ、夫はその日のうちに車に乗って行方がわからなくなりました。Nさんは必死で夫に連絡をとり、その所在を尋ねたところ、車上生活をしているとのことでした。

Nさんは、夫の行動や、発覚した不貞行為の疑惑のため、これ以上一緒に生活するのは難しいだろうと思いましたが、離婚しようにも幼い子を抱えていたうえ、夫はほとんど連絡がとれない状態であったため、離婚条件に関する話ができませんでした。また、Nさんは夫が購入した高額の商品の連帯保証人となっており、Nさんの経済状況では支払ができない状態でした。

 

 

弁護士の関わり

Nさんの夫は住居不定であったものの、Nさんが把握していた夫のメールアドレスを利用し、協議離婚を申し入れました。

しかし、夫は、なかなか連絡がつかず、協議離婚にも応じてくれなかったため、Nさんが転居し、夫に自宅に戻ってもらった上で離婚調停を申立てました。Nさんの夫は、調停内で夫婦関係の修復したいという希望でしたが、Nさんはもはや修復することができないとのことであったため、不貞行為の疑惑について説明した上で、離婚条件を提示しました。

もっとも、夫の支払能力や浪費癖のため、慰謝料よりも子どものための養育費を優先させ、通常よりも高額の養育費とすることや、高額の商品についても借り換えをしてNさんが連帯保証人からはずれることを条件に、調停員や裁判官とともに夫を説得し、調停離婚を成立させました。

 

 

補足

このケースでは、まず、夫の連絡先及び住居の確保により文書の送達先を確定することがポイントとなりました。

文書の送達先がなければ、裁判手続になった場合も、相手方に文書が届かず手続が難航します。

また、金銭的解決の点でも、相手方に対する債権の回収見込みを考慮したうえでの条件設定が必要となりました。Nさんは、夫との話し合いそのものができなかった上で夫が所在不明となってしまったため、それが紛争の長期化に繋がっていました。しかし、弁護士が第三者として介入し、臨機応変なアドバイスを行ったことで、早期解決を実現することが出来ました。

 

 



その他の事例はこちらからどうぞ

※下の各ボタンをクリックすると別サイト(姉妹サイト「福岡の弁護士による離婚相談」)に飛びます。

Titlecategory

離婚の解決事例 親権の解決事例 養育費の解決事例 面会交流の解決事例
財産分与の解決事例 慰謝料の解決事例 年金分割の解決事例 婚姻費用の解決事例

 

 

TitleGenin

性格の不一致が原因の解決事例 モラハラが原因の解決事例 DV暴力が原因の解決事例 不倫 浮気が原因の解決事例

 

TitleShoku

会社経営者の方の解決事例 会社員の方の解決事例 専業主婦の方の解決事例 パートアルバイトの方の解決事例
医師の方の解決事例 公務員の方の解決事例

 

 

TitleSetai

年収400万円未満の方の解決事例 年収400〜600万円の方の解決事例 年収600〜800万円の方の解決事例 年収800〜1000万円の方の解決事例 年収1000万円以上の方の解決事例