約1ヶ月半で月額6万円の養育費を0円にしたMさんの事例

会社員
養育費の減額
再婚
ご相談者Mさん (北九州市小倉北区)
30代男性
職業:会社員
解決方法:協議離婚
子どもあり (長女、二女)

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

サポート無 サポート有 減額利益
養育費 月額6万円 月額0万円  月額6万円の減額

状況

ご相談に来られたMさん(30代)は、数年前に前妻Iさんと離婚をし、前妻との間の子である長女Kちゃん及び二女Aちゃんの親権者を前妻Iさんと決めました。

離婚の際、Mさんは、Iさんに対し、2人の子どもの養育費として毎月6万円を支払うことを約束し、その旨の合意書を作成していました。

しかし、その後、Mさんが養育費の振込みをしていたIさんの預金口座について、Iさんの名字の変更があったことから、MさんはIさんが再婚をしたのではないかという疑念を抱くようになりました。

それでも、Iさんから再婚等について何ら連絡がなかったことから、Mさんは子ども達の養育費を支払い続けていましたが、約半年後、やはり養育費について現在の適正な額を知りたいと考えられ、弊所にご依頼をされました。

 

 

弁護士の関わり

依頼を受けた弁護士は、まず、Iさんが再婚をしているか、また再婚していたとして、その再婚相手と子ども達が養子縁組をしているかを調査しました。

そして、調査の結果、Iさんが再婚をしていること、また再婚相手と子ども達が約半年前に養子縁組をしていたことが判明しました。

そのため、弁護士は、Mさんが支払うべき養育費はないと判断し、Iさんに対し、Mさんが養育費を支払う必要性が消滅していることや、それにもかかわらず一定期間の養育費の支払いをしてきたこと、今後は養育費の支払いを打ち切るといったこと等を記載した通知書を送付しました。

その結果、Iさんから養育費打切りについての合意をいただき、改めて、MさんがIさんに対して支払うべき養育費はない旨の合意書も作成しました。

本件において、調査、通知書の送付、Iさんとの交渉、合意書の作成の各段階において、それぞれ迅速な対応をしたことにより、結局、ご相談から合意の成立までに要した期間は約1ヵ月半でした。

 

 

補足

この事件では、相手方であるIさんの情報が少なかったことにより、まず、調査が必要となりました。

また、調査の結果を踏まえ、どのような手続きを選択するかがポイントとなりますが、弁護士は、いきなり養育費減額の調停を申し立てるのではなく、まずは交渉を開始することにしました。調停ではなく交渉での解決だと、時間面でもコスト面でも依頼者の方の負担が少ないことが多いからです。

さらに、交渉においては、最初に相手方へ送る通知書の記載が重要となってくるため、相手方において養育費が減額されるべき状況であることを理解し易いような記載をすることを心がけました。

その結果、相手方との交渉もスムーズに進み、約1ヵ月半という短期間で、こちらの要求どおりの合意が成立して事件は速やかに解決しました。

このように、養育費減額の理由となる事実があるかどうかはっきりしていない状態でご相談に来られた場合でも、弁護士の迅速かつ適切な対応により、早期に養育費の減額ができる可能性があります。

そのため、養育費を減額できるか定かでない状態であっても、是非一度ご相談いただければと思います。

 

 

 



その他の事例はこちらからどうぞ

※下の各ボタンをクリックすると別サイト(姉妹サイト「福岡の弁護士による離婚相談」)に飛びます。

Titlecategory

離婚の解決事例 親権の解決事例 養育費の解決事例 面会交流の解決事例
財産分与の解決事例 慰謝料の解決事例 年金分割の解決事例 婚姻費用の解決事例

 

 

TitleGenin

性格の不一致が原因の解決事例 モラハラが原因の解決事例 DV暴力が原因の解決事例 不倫 浮気が原因の解決事例

 

TitleShoku

会社経営者の方の解決事例 会社員の方の解決事例 専業主婦の方の解決事例 パートアルバイトの方の解決事例
医師の方の解決事例 公務員の方の解決事例

 

 

TitleSetai

年収400万円未満の方の解決事例 年収400〜600万円の方の解決事例 年収600〜800万円の方の解決事例 年収800〜1000万円の方の解決事例 年収1000万円以上の方の解決事例