親権を取得したい

お子様に関する悩みは経済的な問題以上に深刻です。

北九州にお住まいの方の親権に関する様々なお悩みについては、当事務所の離婚弁護士が解決します。

 

 

親権とは

子どもと手をつなぐ親権とは、簡単に言えば、子どもを育てていくことができる権利です。

法律上の親権の内容としては、①身上監護権(民法820条)と②財産管理権(民法824条)に分けられます。

①身上監護権の具体的な内容としては、居所指定権(民法821条)・懲戒権(民法822条)・職業許可権(823条1項)があげられます。

②財産管理権とは、親権者が子どもの財産を管理し、代理する権利です。

法律上の親権の内容は上記のとおりですが、離婚協議等において、実際上は問題とならないので、ここでは一緒に子どもと生活できること、というイメージの方が理解しやすいと思います。

 

 

親権を取得できない場合の問題点

家族上記の親権のイメージを前提とすると、「親権を取得できない」というのは、子どもと離れて生活しなければならないことを意味します。

これは、親権の取得を希望する方にとって、とても大きな問題です。

子どもとの生活は、親にとって人生最大の喜びであり、その大切なものを奪われることを意味するからです。

親子相手が親権を取得しても、面会交流権というものがあります。これは、親権を取得していない親が定期的に子どもと面会する権利です。

しかし、面会交流では、十分に子どもと接することはできません。

面会交流の頻度、方法等については、絶対的な決まりがあるわけではありません。

ただ、通常の場合は1か月に1回程度が多い状況です。これまで毎日会えたのに、1か月に1回程度となってしまうのは親として耐え難いでしょう。

また、相手が面会交流に応じない場合や消極的な場合、ほとんど会えなくなるおそれもあります。

 

 

離婚弁護士に任せるメリット

親権の問題を離婚専門の弁護士に任せると、次のようなメリットが考えられます。

 

親権取得の可否についての見通しを立てることができる

弁護士当事務所の離婚弁護士は、親権問題について、多くの解決実績を誇ります。

相談者の方の具体的な状況を踏まえて、親権取得の可能性について適切に判断できるので、仮に裁判になった場合の見通し立てることが可能です。

親権取得の可能性を高める

弁護士離婚弁護士に相談せずに、素人判断で進めてしまったがために、親権を取得できなくなる場合があります。

例えば、子どもを自宅において、妻が実家に帰ったとします。妻は一時的なつもりであったとしても、夫側から親権を放棄されたなどと主張されることがあります。

このようなケースでは、事前に弁護士に相談することで、不利な立場となることを回避できることがあります。

できるだけ早い段階で離婚弁護士に相談することで、親権を取得できる可能性が高まります。

裁判を回避できることがある

親権の問題は、財産分与や慰謝料などのお金の問題以上に、協議が難航します。

父母双方とも親権を希望している場合、当事者同士で協議をしても、諦めることはなかなか出来ないからです。

六法と弁護士バッジこのような場合、弁護士を代理人として、相手方との交渉を任せることで、協議が進むことがあります。弁護士を代理人に立てると、相手方も弁護士をつけることが多くあります。

しかし、弁護士同士の話し合いの方が、冷静になるので協議が円滑に進むことが多いです。

特に離婚問題に詳しい弁護士の場合、裁判になった場合のデメリットをよくわかっているので親権問題も協議が成立する可能性があります。

当事務所の実際の解決事例は、こちらをごらんください。

 

 

離婚の弁護士料金

相談料

電卓30分 5000円(税別)

代理交渉等をご依頼された場合の弁護士料金はこちらをごらんください。

 

 

ご相談の方法

話し合いご相談の流れについてはこちらをごらんください。

当事務所は離婚相談に絶対的な自信を持っています。

まずはお気軽にご相談ください。

 

 

 

離婚弁護士が解説!お悩み別解決法

離婚の成立に関するお悩み
  離婚について
お子さんに関するお悩み
  親権について
  面会交流について
お金に関するお悩み
  慰謝料について
  財産分与について
  年金分割について
  養育費について
  生活費(婚姻費用)について