離婚したくない

北九州にお住まいの方の離婚に関する様々なお悩みについては、当事務所の離婚弁護士が解決します。

 

 

離婚とは

離婚届離婚とは、夫婦が婚姻関係を解消することです。

夫婦であれば、法律的には相互に扶養義務、貞操義務、同居義務などの義務を負っています。

反対に、夫婦である以上、相手方に扶養、貞操、同居等を求める権利を有しています。

また、夫婦のいずれか一方が死亡すれば、他方には第一順位の相続権が発生します。

離婚して夫婦関係がなくなると、これらの権利や義務が消滅するため、離婚は当事者双方に重大な法的効果を生じさせるといえます。

 

 

離婚した場合の問題点

弁護士上記のとおり、離婚が成立すると、夫婦の扶養義務がなくなります。

そのため、例えば、妻が夫から生活費(これを「婚姻費用」と言います。)をもらっている場合、離婚後は婚姻費用をもらう権利がなくなってしまいます。

また、離婚すると貞操義務もなくなるので、相手は他の異性と自由に交際できますし、再婚もできます。

このような法的な権利義務の他に、離婚は事実上も大きな影響を及ぼします。

子ども例えば、子どもに与える心理的な影響です。

これまで一緒に生活していた父母の一方と離れて生活することになり、不安や葛藤などが生じるでしょう。

また、学校に馴染めなくなるなどの心配もあります。

子どもがいない、または大人になっている場合でも、離婚は身分関係の変動を伴うため、会社や役場での手続が必要であり、職場や近所の目が気になるものです。

このように、離婚は様々な影響を及ぼしかねません。

 

 

離婚弁護士に相談するメリット

弁護士バッジ離婚弁護士と聞くと、離婚の裁判等をイメージされると思います。

しかし、当事務所は、離婚を迷っている方に対して、離婚を勧めるようなことはありません。

離婚に迷っている方には、離婚の裁判等ではなく、カウンセリングを行います。

まずは相談者の方がおかれた状況を十分にヒアリングし、離婚した場合のメリットやデメリットをお伝えします。

デイライト法律事務所弁護士当事務所の離婚弁護士は、全員がファイナンシャル・プランナーの資格を保有しています。

この知識を活かし、法律問題だけでなく、離婚が家計に及ぼす影響や離婚後の生活設計等を含めた助言を行います。

そして、これらの助言を踏まえて、それでも離婚をしたくないという方に対しては、夫婦関係を修復するためのカウンセリングを勧めています。

また、離婚までは踏み切れないけど別居したい方や、別居せざるを得ない方に対しては、別居サポートを行っています。

別居サポートは、相手と適切に別居し、別居後の生活費等の問題を解決するサポートです。

 

 

離婚の弁護士料金

相談料

電卓30分 5000円(税別)

代理交渉等をご依頼された場合の弁護士料金はこちらをごらんください。

 

 

ご相談の方法

話し合いご相談の流れについてはこちらをごらんください。

当事務所は離婚相談に絶対的な自信を持っています。

まずはお気軽にご相談ください。

 

 

 

離婚弁護士が解説!お悩み別解決法

離婚の成立に関するお悩み
  離婚について
お子さんに関するお悩み
  親権について
  面会交流について
お金に関するお悩み
  慰謝料について
  財産分与について
  年金分割について
  養育費について
  生活費(婚姻費用)について