未婚の母。養育費を請求できますか?

妊婦のイメージイラスト私は、事情により、結婚することなく子どもを出産しました。

子どもの父親とは今後も結婚する予定はありませんが、父親としての責任は果たしてもらいたいと思っています。

そこで養育費を請求することを考えていますが、可能でしょうか。

 

○を出す男性のイラスト養育費を請求することは可能です。

たとえ父と母が婚姻していなくても、夫婦の関係と親子の関係は全く別のものですので、男性には子どもの父親としての責任と義務があります。したがって、当然、養育費を支払う義務を負います。

 

もっとも、男性がまだ子どもの認知手続を行っていないのであれば、まずは認知手続を行うよう求める必要があります。認知があって初めて、男性は法律上も子どもの父親となるのです。

母子のイラスト男性が認知手続に応じないようであれば、あなたは男性に認知を求めて家庭裁判所に調停を申し立てることができます。調停においても男性が認知に応じないのであれば、あなたは裁判所に対し、認知の訴えを提起することが可能になります。その際には、男性と子どものDNA鑑定を行い、証拠として提出することが考えられます。裁判所は、裁判に提出された証拠などを踏まえたうえで、認知を認めるかどうか判断を下すことになります。

認知手続が完了すれば、男性は法律上も子どもの父親となりますので、あなたは養育費を請求することが可能になります。

この養育費に関しても、協議で合意に達しない場合には、家庭裁判所に調停を申し立てることにより解決することになります。養育費に関して調停でも合意が成立しなければ、家庭裁判所が審判で適正な金額を決定することになります。

 

このように、男性は子どもの父親である以上、たとえ自らそのことを認めなくとも、家庭裁判所の手続を経ることで、法律上の父親として一定の義務を負います。

男性の子どもとして認知されると、子どもは養育費を請求できるほか、相続の場面では男性の相続人となり、他の相続人とともに男性の遺産を相続する権利を持つことになります。

 

産まれたての赤ちゃんの画像認知や養育費の手続は、今度お子さんが成長していくうえでとても大切なものですので、これらを希望する場合には速やかに行うことが大切です。

結婚せずにお子さんを出産した女性で、男性に対する養育費の請求などをお考えの方は、ぜひ一度、当事務所にご相談ください。

養育費について詳しくはこちらをご覧ください。

 

 



「養育費」についてよくある相談Q&A


よくある相談Q&A