養育費が高額で、慰謝料が支払えません。

悩む男性のイメージイラスト私の不貞により、妻との離婚が決まりました。

妻との間には、子どもが2人おり、妻が親権を持つことになりました。

私は子どもの養育費として、適正額である月額10万円を支払う予定です。

養育費とは別に、妻からは不貞の慰謝料を請求されています。

しかし、私には養育費を支払うのが精いっぱいで、慰謝料を支払う余裕はありません。

そこで、養育費の支払いを理由に慰謝料の支払いを拒むことはできませんか。

 

忠告する男性のイメージイラスト養育費の支払いを理由に、慰謝料の支払いを拒むことはできません。

 

養育費とは、お子さんが原則として成人するまでの、生活全般にかかる費用のことをいいます。これは、あなたが離婚後も、お子さんの父であることから当然に支払う義務が発生する費用です。

慰謝料請求のイメージイラストこれに対して慰謝料は、あなたが不貞という不法行為を働いたことを原因に支払いが認められる費用です。不貞の慰謝料は、あなたと妻との間で生じる責任であり、子どもの今後の生活維持とは無関係に認められるものです。

 

したがって、両者は法的な性質が全く異なる費用であり、片方の支払いを理由に他方の支払いを拒むことのできる関係にはありません。

あなたの慰謝料を支払う義務は、養育費を支払う義務をとは全く別に、法的に存在し続けることになります。

 

もっとも、いずれかを適正額より高い金額で合意したために、他方が支払えなくなるという事態を招くのでは本末転倒です。

両者は法的には無関係ですが、長期的な支払いを続けるためにも、毎月の支払額は現実的に可能な金額で設定する必要があります。そこで、妻との話合いにより、養育費に加えて支払う毎月の慰謝料の金額を、あなたが支払い可能な金額とするよう交渉する余地はあると思われます。

離婚に際して支払う費用は、養育費や慰謝料のほか、財産分与など様々ありますが、いずれにしても毎月可能な支払額を想定して合意を結ぶ必要があります。

離婚に際して支払う費用のことでお悩みの方は、ぜひ一度、当事務所にご相談ください。

離婚とお金について詳しくはこちらをご覧ください。

 

 



「慰謝料」についてよくある相談Q&A


よくある相談Q&A