妻が再婚したので、養育費は支払わなくてよいですか?

悩む男性のイメージイラスト私は数年前に妻と離婚しました。妻との間には2人の子どもがおり、親権は妻がもつことになりました。私は妻に対し、月額5万円の養育費を支払うことを約束しています。

今年になり、妻が再婚したことが分かりました。

妻の生活は再婚によりかなり余裕のあるものになったと思います。それでも私は養育費を支払わなければならないでしょうか。

 

ポイントのイメージイラスト妻の再婚にあたり、子どもたちが再婚相手の男性と養子縁組をしているのであれば、あなたの養育費を支払う義務が免除される可能性があります。

 

養育費は、原則として未成年のお子さんが成人に達するまでの、生活全般にかかわる費用のことを指します。これは、お子さんの父親であることから支払う義務が生じる費用です。

 

夫婦の離婚後、親権をもつ女性が違う男性と再婚した場合、この男性が女性の再婚により当然にお子さんたちの法律上の父親となるわけではありません。再婚相手の男性がお子さんたちの法律上の父となるには、養子縁組手続を経る必要があります。

仮に養子縁組を行わない場合、男性は法律上、女性の夫であってもお子さんたちの父ではありませんので、お子さんたちを扶養する義務も発生しません。しかし、養子縁組を行うのであれば、男性は法律上、女性の夫であると同時にお子さんたちの父となり、お子さんたちを扶養する義務が発生します。そうすると、お子さんたちを一次的に扶養すべきなのは、養子縁組により父となった再婚相手の男性であり、あなたの扶養義務は二次的なものに後退します。この場合には、あなたの養育費支払い義務が免除される可能性があります。

 

養育費のイメージ画像もっとも、あなたの年収が、再婚相手の男性に比べて高額である場合には、養育費の支払義務がのこる可能性もあります。この場合も、再婚相手の男性の収入を考慮したうえで、あなたの支払うべき養育費の金額が減額される可能性はあります。

 

このように、養育費は、再婚などの離婚後の事情変更により金額が変更されることがあります。

養育費に関するお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度、離婚専門の弁護士にご相談ください。

養育費について詳しくはこちらをご覧ください。

 

 



「養育費」についてよくある相談Q&A


よくある相談Q&A