認知した父が親権を取得する方法を教えてください

男性私と交際していた女性との間に、子どもが生まれました。

私たちは様々な事情から結婚しないことになりましたが、子どもは私の子として認知手続を済ませています。

子どもが生まれてしばらく経ちましたが、女性は新しい交際相手にのめりこんでいるようで、子どもの面倒をきちんと見ているように思えません。

そこで、私がこの子を引き取り、育てていきたいと思っていますが、それは可能でしょうか。

 

 

親権者として家庭裁判所に指定してもらうことができれば、あなたがお子さんを引き取り育てることは可能です。

あなたは認知した父ですが、現在、お子さんの親権者は母親である女性ですので、女性の同意なく、お子さんを引き取り、育てることはできません。
そこで、あなたが女性に代わり、親権を取得する方法を考える必要があります。

あなたを親権者とすることに女性が応じない場合、あなたがお子さんの親権者となるには、家庭裁判所からお子さんの親権者として認めてもらう必要があります。
そこで、親権者指定あるいは変更の調停・審判を申し立て、手続を進めます。

この手続は、女性があなたが親権者となることに了承しない場合には時間がかかることが予想されますので、その間お子さんを女性のもとに置いておくことが適切でないと思われる場合には、以下の4つ等を検討する必要があります。

裁判官のイメージイラスト
①女性の親権者としての職務執行を停止させるための審判

②あなたをその間親権者の職務執行代行者として家庭裁判所に定めてもらうことを求める審判

③子の引き渡しの審判

④①から③の保全処分

これらの手続においてあなたの主張が認められれば、親権者指定について裁判所の最終的な結論が出る前であっても、あなたはお子さんと一緒に生活をすることが可能になります。
そのためには、あなたの方で、お子さんを監護するための環境をととのえ、お子さんの面倒を見る人としてふさわしいのだと認めてもらえるだけの事情をたくさん準備しておく必要があります。

認知した父も子どもの親権を取得できる可能性は十分にありますが、上述のような複雑な手続を経る必要があり、専門的な知識が不可欠です。
認知したお父さんで、お子さんの親権についてお悩みの方は、ぜひ一度、当事務所にご相談ください。

 

 

親権解決サポート

当事務所の離婚事件チームは、親権問題を解決するため、以下のサポートをご提供しています。

 

専門弁護士による親権相談

デイライト法律事務所ロゴ親権について取得の可否を判定するためには、親権問題についての深い専門知識や家裁実務への理解が必要です。

当事務所は、弁護士の専門性強化を進めており、親権問題に精通した弁護士がご相談に対応しております。

正式なご依頼の前に、当該事案における親権取得の可否や進め方等について、弁護士がわかりやすく助言を致します。

 

法的対応

弁護士バッジ

親権を取得するためには、その進め方も重要です。

誤った選択肢を取ると、解決まで長年月を要したり、親権を取得できない結果を招くことになります。

当事務所の離婚弁護士は、様々な法的手続きの中から、具体的事案に応じた適切な選択肢をご提案いたします。

親権についてはこちらのページもごらんください。

 

 

実績豊富な弁護士が丁寧にお話を伺い、あなたにとって最善の解決へサポートします。

 
ご相談についてはこちらから




「親権」についてよくある相談Q&A


よくある相談Q&A