別居中の夫に連れ去られた子どもを引き取るにはどうしたらいいですか?

Q:私は夫と現在離婚協議中で、子どもを連れて実家に戻っています。
夫と同居中、夫は子どもの面倒をみることはほとんどありませんでしたが、いざ離婚の話が進むと、子どもに固執するようになり、先日突然小学校から帰宅中の子どもを夫の自宅に連れ帰ってしまいました。
その後、私が子どもを返すように言っても応じてくれません。
私としては、何としても子どもを取り戻したいと思っています。その方法について教えてください。

 

子の引き渡し及び監護者指定の審判とその保全処分を申し立てましょう。

まだ離婚が成立していない場合、妻も夫も子どもに対する親権を有しています。
したがって、いずれもが子どもと一緒に生活し、子どもを育てる権利があるといえます。

しかし、夫婦が別居することになると、子どもはいずれかの親の元での生活を余儀なくされます。
双方が子どもと一緒に暮らすことを望む場合には、子どもをめぐり、夫と妻の間に争いが生じ、一方が子どもを連れ去るという事態が起きてしまうこともあります。

 

子どもを連れ去られた場合、子を取り戻したい親が再度子を他方の親から無理やり奪っても、子をめぐる奪い合いが何度も繰り返されるだけで、問題の解決にはなりません。
その結果、板挟みとなる子どもが一番傷つくことになります。

調停の流れイメージイラストそこで、この問題を解決するために、あなたは家庭裁判所に対し、子の引き渡し及び監護者指定の審判とその保全処分を申し立てる必要があります。

この手続きでは、家庭裁判所はあなたと夫の双方から話を聞いて、どちらがこれまで主に子どもの面倒を見てきたか、これまで子どもはどこで生活してきたか、双方の監護環境に問題はないか、子の面倒を見るにあたり協力者はいるか、など様々な事情を踏まえて、どちらが離婚が成立するまでの監護者としてふさわしいかを判断します。

ここで監護者として認めてもらうことができれば、あなたは法的な手続にのっとり、お子さんを返してもらうことが可能になります。

このように、一方に子どもを連れ去られてしまった場合、法律にのっとりお子さんを返してもらう手続を行うことで、紛争の解決を図ることができます。

 

お子さんに関する手続は迅速に解決する必要性が高く、特に保全処分を一緒に申し立てている場合には裁判期日も非常にタイトなものとなり、専門家による援助なくして一人で手続を進めるのは非常に困難です。
一方の親に連れ去られたお子さんを取り戻したいとお悩みの方は、ぜひ一度、当事務所にご相談ください。

 



「親権」についてよくある相談Q&A


よくある相談Q&A