面会交流の回数を増やしたいですのですが、どうすればいいですか?

 

悩む男性イメージイラスト
私は、5年前に妻と離婚しました。
妻との間の息子は、妻が引き取ることになり、
妻は私が3か月に1回2時間、子どもと面会することに了承しました。

離婚時5歳だった息子もいまでは10歳です。
私としては、3か月に1回2時間の面会交流では少ないと感じています。

離婚するときに約束した面会交流の回数を増やすことは可能でしょうか。

 

 

面会交流の回数は、お子さんの年齢や心身の状況、お子さんとあなたの関係、また離婚後の父母の関係など、様々な事情を考慮して考える必要があります。

したがって、あなたの希望だけに基づいてその回数を増やすことは難しいのですが、様々な事情を踏まえ、面会交流の回数を増やすことが子どもの福祉にかなうといえるのであれば、面会交流の回数を増やせる可能性もあります。

一般的には、子どもの年齢が上がるにつれ、子どものできることも多くなり、より自由な面会交流を認めやすくなる反面、習い事や学校行事などで自由に使える日が減る可能性もあります。
また数年間ルールを守り面会交流が行われていれば、父母間に信頼関係が構築され、面会交流の幅が広がることも考えられます。

子供と遊ぶ男性のイメージ画像
もちろん、父母間で面会交流の機会を増やすことの合意ができるのであればそれで問題はありませんが、もし合意できないのであれば、家庭裁判所で面会交流の調停を行う必要があります。

そこでも合意できなければ、調停手続は審判手続に移行し、裁判所が適切な面会交流の回数を決めることになります。
その際には、最初にあげたような事情が考慮されることになります。

ただし、適切な面会交流の回数は、その事案ごとに異なります。
他の家庭で毎週面会交流が行われているからといって、自分たちの面会交流の回数を増やすべき根拠とはなりません。

あくまで、実現可能で、お子さんにとって一番適切な面会交流の方法を考えることが大切です。

 

面会交流は、離れて暮らす親はもちろんのこと、子どもにとっても、とても大切な権利です。
面会交流に関するお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度、当事務所にご相談ください。



「面会交流」についてよくある相談Q&A


よくある相談Q&A