婚姻費用を決める際、住宅ローンは考慮してもらえますか。

住宅ローンのイメージ画像婚姻費用の支払い義務者が、住宅ローンも負担しているケースは多くあります。

住宅ローンの負担が大きく、それに加えて婚姻費用を支払うことが困難だと感じた場合、婚姻費用の算定にあたって住宅ローンを考慮してもらうことはできるのでしょうか。

① 婚姻費用を支払う側が住宅ローンも支払い、かつその住宅に居住している場合

困る男性のイメージイラストこの場合、住宅ローンが高額でも、婚姻費用の額を決めるにあたって住宅ローンは考慮してもらえないと考えた方がよいでしょう。

裁判所は、住宅ローンを支払うことの意義について、財産形成の一部と通常考えます。

つまり、住宅ローンを支払うと、ゆくゆくはその住宅は財産として残り、その人の資産となります。そういう意味で、住宅ローンはかけすての費用とは異なるのです。

したがって、高額な住宅ローンであっても、婚姻費用を決める際に基本的には考慮してもらえません。

② 婚姻費用を支払う側が住宅ローンも支払っているが、その住宅に居住しているのは婚姻費用を受け取る側

喜ぶ男性のイメージイラスト一部考慮してもらえる場合があります。

住宅ローンが支払われている物件に婚姻費用を受け取る側が居住している場合、居住者は本来支出すべき家賃を支出せずにその家に住んでいると評価することができます。

言い換えると、婚姻費用を支払う側は、住宅ローンを支払うことですでに家賃相当分の婚姻費用を支払っていることに等しく、その分を考慮してもらえる可能性があります。

もっとも、住宅ローン全額を婚姻費用として考慮すると、婚姻費用を受け取る側が住宅ローン以外の費用を受け取ることができなくなり、現実の生活を維持できなくなることも十分考えられます。

したがって、ここで考慮される金額は、当事者間の公平の観点から、各々の事案により個別具体的な調整が必要です。

 

婚姻費用は、夫婦である以上は離婚が成立するまで支払い続けなければならない費用です。したがって、高額な住宅ローンを抱えながら婚姻費用を支払わなければならない者が、その家を出てしまうと、住宅ローン、婚姻費用に加え、自己の居住費までもがかかり、生活はとても厳しいものとなります。

住宅ローンと婚姻費用との関係でお困りの方は、ぜひ一度、離婚専門の弁護士にご相談されることをおすすめします。

 

 



「婚姻費用」についてよくある相談Q&A


よくある相談Q&A