夫の収入が分からない場合でも、婚姻費用は請求できますか。

○を出す男性のイラスト夫の収入が分からない場合でも、婚姻費用を請求することはできます。

夫の収入額がどうしてもわからない場合は、賃金センサスなどをもとに算定します。

 

婚姻費用の請求は、裁判所の手続を利用せずに請求することもできますが、それがまとまらない場合は婚姻費用の調停を申し立てることになります。

夫が支払うべき婚姻費用の金額は、妻の収入と夫の収入の額に応じて決まります。

したがって、婚姻費用の金額を算定するには、夫の正確な収入を確認する必要があります。

財産を隠すイメージ画像しかし、夫が源泉徴収票などの収入資料を出したがらないケースは少なくありません。

そのような場合でも、弁護士をつけたり、裁判所の手続にのっとることで、多くの場合では資料を提出するようになりますが、それでも収入資料を出さない人がまれにいます。

そのような場合は、裁判所に対し、夫が勤めている会社に年収を調査するよう申し立てることも考えられます。

それでも夫が資料を提出せず、最終的に夫の年収が確認できなかった場合には、当事者も裁判所も、夫の正確な収入を把握することができず、適正な婚姻費用の金額の算定が困難になります。

そのような場合には、調停による解決は難しくなり、裁判所による審判手続に移行します。

審判手続では、裁判官は、賃金センサスにより夫の収入を算定します。

賃金センサスを用いることで、夫と同年代の男性の平均収入が、夫の収入の計算に反映されます。

源泉徴収票の画像また、妻が夫の源泉徴収票は手に入れることができなかった場合でも、その他、収入額につながるような別の資料を入手することができた場合には、それを参考資料として用いることもあります。

いずれにしても、夫の収入資料を確認できないことを理由に、婚姻費用の金額がゼロになることはありません。

とはいえ、夫の収入に関する資料がないと、正確な婚姻費用の金額を算定することは難しく、金額が決まるまでに相応の時間も要します。

したがって、夫の収入資料は前もってきちんと準備しておくことをおすすめします。

婚姻費用に関してお悩みの方は、ぜひ一度、当事務所にご相談ください。

 

 



「婚姻費用」についてよくある相談Q&A


よくある相談Q&A