別居後、夫が生活費を払ってくれません。どうしたらいいでしょうか?

この場合には、まず弁護士に相談することが大切です。

 

弁護士のイメージイラストそもそも、夫婦には、法律上協力扶助義務がありますので、この婚姻費用は互いに負担すべきことになります。

つまり、このケースで夫の側は、婚姻費用を払わなければならないのです。

婚姻費用を払わない場合には、民法に定められた法定離婚原因である「悪意の遺棄」ということにも該当する可能性があります。

婚姻費用を相手方が払ってくれない場合には、夫婦間で交渉しようとしても相手方は頑なに応じないことも多いです。

そうしたときは、私たち法律のプロである弁護士がお役に立てるかと思います。

 

夫婦間では決して応じようとしなかった人が、弁護士が入ることで、支払いに応じるという例も多くあります。

お金を渡す男性のイメージ画像また、相手方が毎月の生活費を払ってくれてはいるが、少なすぎて生活していけないということも考えられます。

しかし、婚姻費用にも適正額があります(これについては、「婚姻費用はどのようにして算定するのですか。」をご覧ください。)。

この適正額を、きちんと相手に伝えて、交渉していく必要があります。

この適正額を算定するためには、まずは夫婦双方の収入を明らかにしていく必要があります。

しかし、相手方が婚姻費用の支払いを拒んだり、少ししか支払わないといった場合には、相手方は収入を開示しないことも多々あります。

そうすると、まずは収入状況を開示させるための交渉も行っていく必要があります。

生活費のイメージ画像もっとも、このような交渉が苦手だと思う人も多いでしょうし、ましてや相手方に弁護士がついていればなおさらです。

相手方が弁護士というだけで、実際には適正な額ではないのに、適正な額と思い込み、何もいえないということもあるかもしれません。

このような場合には、私たち法律のプロである弁護士に相談してみてください。

特に、デイライト法律事務所では、交渉に力を入れ、経験豊富な弁護士が多数在籍しています。

婚姻費用でお困りの際には、ぜひデイライト法律事務所に相談してみてください。

 

 



「婚姻費用」についてよくある相談Q&A


よくある相談Q&A