そもそも年金分割って何ですか?

年金分割とは、簡単に言うと、婚姻期間中の保険料納付実績を分割するという制度です。

年金のイメージ画像年金分割の対象となるのは、厚生年金では保険料納付記録、共済年金では掛金払込記録であり、国民年金や厚生年金基金、国民年金基金等は対象とはなりません。

そのため、夫婦双方が婚姻期間中ずっと国民年金であった場合には年金分割の問題が起こることはありません。

また、年金分割について、将来夫(又は妻)が受け取る年金の半分をもらえるという勘違いをされている方もいらっしゃいますが、冒頭でも述べたように年金分割とは婚姻期間中の保険料納付実績を分割するものであり、受け取る年金そのものを分割するものではありません。

 

年金分割の種類には、合意分割3号分割と呼ばれるものがあります。

合意分割とは、平成19年4月1日以後に離婚をした夫婦が(年金分割の対象期間は平成19年4月1日前を含む婚姻期間中)、当事者の合意又は裁判手続きにより按分割合を定めるものであり、按分割合は2分の1が上限とされています。

3号分割とは、平成20年4月1日以後に離婚をした夫婦において、国民年金の第3号被保険者であった方の請求により、平成20年4月1日以後の婚姻期間中の3号被保険者期間における相手方の厚生年金記録を2分の1ずつ当事者間で分担できる制度です。

この3号分割の最大の特徴は、相手方の同意が必要なく、妻(又は夫)からの分割請求だけで年金分割ができるところです。

デイライト法律事務所小野佳奈子しかし、上述のように、分割できる保険料納付実績は、平成20年4月1日以降の婚姻期間中に、妻(又は夫)が第3号被保険者であった期間だけという点には注意が必要です。

合意分割と3号分割の関係性についてですが、合意分割の請求が行われた場合、婚姻期間中に3号分割の対象となる期間が含まれるときは、合意分割と同時に3号分割の請求があったとみなされます。

したがって、3号分割の対象となる期間は、3号分割による標準報酬の分割に加え、合意分割による標準報酬の分割も行われます。

 

 



「年金分割」についてよくある相談Q&A


よくある相談Q&A