離婚すると聞いていた不倫相手の奥さんから慰謝料を請求されました。支払わなければいけませんか?

悩む女性イメージイラストAさんの夫であるBさんは、Aさんとは離婚予定だから付き合って欲しいと言ってCさんに交際を申し込みました。

密かにBさんに恋心を抱いていたCさんは、Bさんの言葉を信じてBさんと付き合うようになり、やがてBさんとCさんは性的関係をもつようになりました。

しかしながら、Bさんがなかなか離婚をしないでいるうちに、BさんとCさんとの関係がAさんにばれて、CさんはAさんに慰謝料を請求されてしまいました。

このような場合、CさんはAさんに対して慰謝料を支払わなければならないのでしょうか。

 

婚姻関係にある夫婦の一方と性的関係に至った場合(不貞行為をした場合)、原則として、他方の配偶者に対し慰謝料支払義務を負うことになります。

083789もっとも、不貞行為時において既に婚姻関係が破綻していたような場合や、婚姻関係が不貞行為時に既に破綻していると過失なく信じていた場合については不法行為が成立せず、慰謝料の支払義務を負いません。

本件のような場合も、まず、AさんとBさんの婚姻関係が破綻していたかということが問題となり得ます。

例えば、BさんがAさんと離婚予定であるということが本当であり、すでに長期間の別居をしている等の事実がある場合には、BさんとCさんが不貞行為を行っていた時には、既にAさんとBさんの婚姻関係は破綻していたとして、AさんのCさんに対する慰謝料請求は認められない可能性があります。

また、仮に、AさんとBさんの婚姻関係が破綻しているとはいえなくても、Cさんが、AさんとBさんの婚姻関係が破綻していると過失なく信じていた場合には、AさんのCさんに対する慰謝料の請求が認められない可能性があります。

083785ただし、Cさんが、AさんとBさんの婚姻関係の破綻を過失なく信じていたといえるためには、婚姻関係が破綻しているというAさんの言葉を信じていたというだけでは足りません。

Aさんが、Cさんに対する誘い文句として破綻していることを示すような嘘をつく場合も十分に考えられるからです。

そのため、Cさんとしては、Aさんの言葉を裏付けるような根拠があったということを示す必要があります。

以上のように、不貞行為の慰謝料を請求された場合の反論としては、それぞれの事案ごとに様々な主張が考えられます。

急に慰謝料を請求されてどうすればよいかわからないと悩んでいる方は、是非一度、専門家である弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

 

 

慰謝料の問題

法的判断が難しい

裁判慰謝料請求においては、そもそも不貞行為に該当するのか、該当するとして、破綻を主張できるのではないか、故意過失が認められないのではないか、仮に不貞行為が成立するとしても、慰謝料の額はどの程度が妥当か、などの様々な論点について、法的に判断しなければなりません。

これらについて、離婚を専門としている弁護士でなければ適切な判断は困難な場合があります。

 

冷静に話し合いができない

不貞慰謝料が問題となる事案では、被害者側・加害者側ともに、感情的になってしまい、冷静な話し合いが難しいことがあります。

話し合いでまとまらないと、裁判に発展する可能性があります。

 

訴訟は長期化する

カレンダーとペンもし、裁判となると、長期化することが予想されます。解決まで数年間を要するケースもあり、当事者双方の負担、弁護士費用の高額化などの問題が懸念されます。

 

 

慰謝料解決サポート

上記の問題点を踏まえて、当事務所では慰謝料問題に関して以下のサポートを提供しています。

 

専門弁護士による相談対応

慰謝料については、離婚問題に関する専門知識や訴訟実務の経験が必要です。

当事務所では、弁護士の専門特化を進めております。

弁護士バッジ弁護士は、幅広く何でも対応するというスタンスでは、質の高いリーガルサービスを提供できないと考えているからです。

離婚問題について、当事務所では、離婚を専門に扱う離婚事件チームを構築し、このチームに所属する弁護士による相談を行っています。

正式なご依頼の前に、当該事案における慰謝料の是非や立証の問題等について、弁護士がわかりやすく助言を致します。

 

示談交渉サポート

代理交渉前記のとおり、訴訟は依頼者の方に大きな負担となります。そこで、当事務所では、示談交渉による解決をご提案しています。これは、弁護士が依頼者に代わって相手方と交渉し、示談による解決を目指すというサポートです。

この示談交渉サポートは、弁護士が全面的な窓口となるので、依頼者の方が直接相手方と接することはありませんので、ご安心いただけるというメリットがあります。

また、当事者同士では、感情的になって話し合いにならない場合、弁護士が仲介役となることで冷静な話し合いが期待できます。

 

訴訟サポート

裁判、訴訟依頼者の方の中には、示談ではなく、裁判で徹底的に戦いたいという方もいらっしゃいます。

当事務所では、そのような目には見えない感情であっても、大切にしたいと考えています。

裁判を希望される方には、弁護士が代理人となって、相手方と戦い、妥当な結果を得るように尽力します。

慰謝料の問題については、当事務所の離婚事件チームまで、お気軽にご相談ください。

 

 

実績豊富な弁護士が丁寧にお話を伺い、あなたにとって最善の解決へサポートします。

 
ご相談についてはこちらから




「慰謝料」についてよくある相談Q&A


よくある相談Q&A