妻に不倫の相手方に対し慰謝料請求をしないように求めることはできますか?

状況

悩む男性イメージイラストAさんは、夫であるBさんがCさんと不倫をしたことについて、BさんとCさんそれぞれに対して100万円ずつの慰謝料請求をするつもりでした。

Bさんは、Cさんに迷惑をかけたくないという思いから、自分がAさんに対し200万円を支払うことで、AさんがCさんに何も請求しないようにできないかと考えています。

このような方法をとることは可能なのでしょうか。

【弁護士の回答】

デイライト法律事務所小野佳奈子慰謝料を請求する相手については、Aさんが選択するものであり、Bさんの一方的な要求により、AさんがCさんに対して慰謝料を請求できなくなるということはありません。

しかしながら、BさんはAさんとの間で、不貞相手であるCさんに対し慰謝料を請求しないという合意をすることは可能です。

この場合であっても、合意の当事者がAさんとBさんである以上、そのような合意はAさんとBさんしか拘束することはありません。

つまり、Aさんは、不貞行為の相手方であるCさんとの間では、慰謝料請求をしないという合意をしていないので、Cさんに対し不貞行為を原因として慰謝料の請求をすることも可能ではあります。

しかし、そうすると仮にAさんが合意に違反した場合には、AさんのCさんに対して慰謝料請求をしないという言葉を信じて多くの解決金等を支払ったBさんとしては納得がいかないと思います。

このような場合には、Aさんが合意内容を守らなかったことについて合意違反による損害賠償請求をすることも考えられますが、予め、合意の中で、仮にAさんが合意違反をした場合(Cさんに対して慰謝料請求をした場合)には、AさんがBさんに対して一定額を支払うことを合意内容に盛り込んでおくのもひとつの方法であると考えられます。

以上のケースのように、当事者での合意については、後々新たな問題が発生する可能性があり、重要なご決断をされる際には、是非一度専門家である弁護士にご相談することをお勧めします。

 

 



「慰謝料」についてよくある相談Q&A


よくある相談Q&A