妻の親が頭金を出資してくれて購入した不動産はどのように分与したらよいでしょうか?

以下のような具体例を用いて説明します。

状況

ポイントイメージイラスト夫婦は結婚後、5000万円のマンションを購入しました。

そのうち、妻の親が1000万円を援助してくれ、これを頭金にしました。

その残額の4000万円をローンとして返済することにしました。

別居時にマンションの時価が3000万円、ローンの残額が1000万円だった場合、財産分与をどのように考えたらいいでしょうか。

なお、マンションしか他に財産はありません。

この例の場合には、別居時が財産分与の基準時になりますので、3000万円-1000万円で、2000万円が財産分与の対象額となります。

すると、財産分与では財産を2分の1にしますから、1000万円ずつを取得することになります。

ここで、妻の親から援助を受けた1000万円をどのように考えるかです。

不動産査定のイメージイラスト妻は、親からの援助を通じて、マンションの取得代金5000万円のうち、1000万円、つまり5分の1相当額の形成に寄与したということになります。

すると、財産分与の対象額2000万円の5分の1の400万円が、妻の寄与により形成されたと考えられますので、「寄与分をを除いた5分の4」を2分の1することになります。

すなわち、2000万円の5分の4は1600万円で、その2分の1は800万円です。

それに妻が寄与した400万円を足します。

以上から、1200万円が妻に分与すべき額となります。

 

なお、妻の親からの援助が貸付金であれば、住宅ローンと同様、夫婦が共同で負う債務として、これを控除する必要があります。

 

以上のとおり、計算がなかなかややこしいですね。

不動産だけであればこのとおりでよいのですが、他の財産も加わってきた場合には、さらに複雑になってきます。

また、不動産の財産分与にあたっては、評価額をきちんと査定することが不可欠です。

デイライト法律事務所橋本誠太郎私たちデイライト法律事務所は、不動産業者と連携していますので、迅速・適正に不動産を査定することができます。

依頼者の方が自ら手配していただかなくても大丈夫です。

こうしたサービスの提供も私たちデイライト法律事務所の強みです。

不動産の財産分与について、また財産分与一般について、気になることがあれば、いつでも当事務所まで相談にいらしてください。

 

 



「財産分与」についてよくある相談Q&A


よくある相談Q&A