別居後に相手がもともとあった貯金を使い果たしてしまいました。この貯金については諦めるしかないのでしょうか。

×を出す主婦のイラストいいえ。

これでは使ったもの勝ちになってしまいます。

 

ここでは、財産分与の対象財産の基準時ということが問題となります。

対象財産の基準時とは、どの時点の財産を財産分与の対象とするかという問題です。

財産分与は、夫婦が婚姻生活中に形成した財産を分割するという制度ですので、対象財産の基準時は、原則として、経済的な共同関係が消滅した時点となります。

解説する女性のイラスト具体的には、別居していれば別居時、別居していなければ、離婚時に存在した財産がそれぞれ財産分与の対象となります。

別居した夫婦は、特段の事情がない限り、それぞれ別々の経済生活を営んでおり、共同財産の形成に寄与・貢献することがないことが理由です。

なお、ここでいう別居とは、単なる単身赴任や、長期の旅行というものではだめで、客観的に夫婦生活を解消したといえるようなものでなければなりません。

 

以下では、具体例をみてみましょう。

事例

ギャンブルのイラスト別居のときは1000万円あった預金を、夫がその後ギャンブルに使ってしまい、離婚時に全く残っていなかった場合、財産分与についてどのように考えたらいいのでしょうか。

また、夫が別居後、失業したため、預金を全て生活費に使ってしまった場合にはどう考えたらいいでしょうか?

 

弁護士の回答

ポイント簡単です。

上に説明したとおり、財産分与の基準時は別居時でした。すると、別居時に1000万円あったのですから、1000万円が分与の対象となる財産となります。

お金を隠す上のケースとは少し異なり、相手が財産をもっているはずだがいくらもっているか分からない、また、そもそもどのような財産を持っているかもわからないというケースがあります。

そのような場合にはまずは相手方から財産状況の開示を受けることが不可欠ですが、相手方がこれを拒むこともよくあります。

そうしたときは、私たち弁護士が間に入って交渉することで、開示に繋がることが多いです。

そして私たちデイライト法律事務所は、相手方との交渉に特に力を入れており、多くの実績があります。

財産分与のことで気になったことがあれば、ぜひデイライト法律事務所に相談にこられてみてはどうですか。

 

 

財産分与の問題点

対象財産が明らかになっていない

お金財産分与とは、夫婦で築いてきた財産をわける制度です。

わける前提として、それぞれの名義の財産としてどのようなものがあるかが明確になっている必要があります。しかし、相手方が資産を隠したりしていると、対象財産が減ってしまい、損をしてしまう可能性があります。

 

評価が難しい

対象財産が明らかになったとしても、それを適切に評価する必要があります。

例えば、不動産、株式、貴金属、将来受け取る予定の退職金などは、離婚問題に精通した弁護士でなければ評価が難しいと思われます。

 

 

財産分与解決サポート

上記の問題点を踏まえて、当事務所では財産分与に関して以下のサポートを提供しています。

 

専門弁護士による相談対応

離婚問題の中でも、特に財産分与は、専門知識や裁判実務の経験が必要です。

当事務所では、弁護士の専門特化を進めております。

弁護士バッジ弁護士は、幅広く何でも対応するというスタンスでは、質の高いリーガルサービスを提供できないと考えているからです。

離婚問題について、当事務所では、離婚を専門に扱う離婚事件チームを構築し、このチームに所属する弁護士による相談を行っています。

正式なご依頼の前に、当該事案における財産分与のポイントについて、弁護士がわかりやすく助言を致します。

 

財産調査と評価

デイライト法律事務所ロゴ当事務所の離婚弁護士は、ご依頼を受けると、相手方に対して財産開示を求めます。財産開示においては証明資料の開示も求め、隠し財産がないかを調査します。

また、当事務所の離婚事件チームは不動産の時価査定、株式の査定、将来受け取る退職金の評価などのもサポートしています。

 

 

実績豊富な弁護士が丁寧にお話を伺い、あなたにとって最善の解決へサポートします。

 
ご相談についてはこちらから




「財産分与」についてよくある相談Q&A


よくある相談Q&A