財産分与の対象となる財産はなんですか?結婚前から持っている自分の財産も財産分与の対象になるのですか?

なりません。

×を出す男性のイラスト財産分与とは、夫婦が婚姻中に形成した財産を、2分の1ずつにして分けることです。

日本の民法は、夫婦別産制という建前をとっていますので、夫婦の一方が婚姻前に取得した財産は、婚姻後もその人のものです。

したがって、夫婦の一方が、婚姻するにあたり持ち込んだ家具や家電製品が、結婚をしたことにより二人の共有になる、なんていうことはありません。

また、婚姻後でも、夫婦の一方が相続したり、贈与を受けたりした財産については、その人の財産となります。

これらのような、婚姻前から一方が持っていた財産、及び、婚姻後でも一方が取得した財産を夫婦一方の特有財産(固有財産)といい、財産分与になりません。

 

不動産のイメージ画像もっとも、夫名義の財産が多数あり、特有財産と婚姻後に形成した財産とを区別できない、といったケースもあります。

このような場合、立証が必要となってきます。たとえば、不動産登記簿や預金通帳、取引履歴などによって立証することが考えられます。

 

さらに問題となるのは、夫が婚姻前から持っていたマンションの部屋を賃貸して賃料収入で生活していたが、妻が婚姻後にマンションの管理業務を担当し、その賃料で新たにマンションを取得したような場合です。

このような場合には、妻の協力があって初めて新しいマンションを取得できたと考えられますので、妻の担当した管理業務の内容や、それに要する時間と労力など、妻の管理業務に関する諸事情を総合的に考慮して新たなマンション取得に対する寄与の度合いを判断していくことになります。

ここまでくると、なかなか一人で主張・立証していくのは困難ですし、労力もかかります。

私たち弁護士はこのような場合に皆さんのお役に立ちます。

デイライト法律事務所橋本誠太郎相談風景特に私たちデイライト法律事務所は、離婚事件を多く取り扱い、財産分与に関しても多くの実績に裏打ちされたノウハウを持っています。

 

財産分与に関して気になることがあれば、いつでもお気軽に相談にきてみてください。



「財産分与」についてよくある相談Q&A


よくある相談Q&A