離婚前の別居中に面会交流はできませんか?

Q:妻が子どもを連れて家を出て行き別居中なのですが、子どもに会わせてくれません。
離婚が成立するまで子どもに会うことはできないのでしょうか?

会えます。

かわいい子供のイメージ画像面会交流は、親権者とならなかった親や子どもを監護養育していない親が子どもと交流するための大切な機会なので、離婚前の別居中であっても面会交流が認められます。

《話し合いによる合意》

婚姻関係が破綻して父母が別居状態にある場合、離れて暮らす親と子どもの面会交流については、まず協議により面会交流について取り決めるべきです。

もっとも協議により面会交流について定める場合であっても、後述の調停や審判と同様、子どもの利益を最優先して考慮しなければなりません。

 

《子の監護に関する処分としての調停又は審判》

裁判のイメージイラストしかし、父母の間で「協議が調わないとき、又は協議をすることができないとき」は、家庭裁判所が定めることとなります(民法766条2項類推適用)。

すなわち、このような場合には家庭裁判所に対し、「子の監護に関する処分」として調停又は審判を申し立て、家庭裁判所で子の福祉の観点から後見的にその具体的方法(曜日、時間、場所、送迎方法等)や頻度などが定められることになります。

 

《調停や審判後、その結果が守られないときは…》

調停手続において、当事者双方が、離れて暮らす親と子どもの面会交流について話し合うにあたり、子どもの意思の把握に努め、子どもの年齢及び発達の程度に応じて、その意思が考慮されることになります。

夫婦喧嘩のイメージイラスト子どもの福祉にも配慮して、父母が協議した結果である調停や、こうした協議が調わない又はすることができないときにされた審判は、子の福祉の観点から、当事者双方が自発的にこれを遵守すべきです。

しかし、何らかの事情により、任意に面会交流が履行されないときは、家庭裁判所に対し、義務の履行状況の調査及び履行の勧告を求めることができます(家事事件手続法289条1項)。

また、間接強制の申し立てをすることができることもあります(最決平25.3.28)。

 

 



「面会交流」についてよくある相談Q&A


よくある相談Q&A