養育費を一括払いでもらうことはできますか?

Q:先月、2人の子どもを連れて自宅を離れ、別居中です。
夫と離婚したいのですが、本人が自営業であり収入が安定しているとは思えないため、養育費を一括払いでもらうことはできませんか。

協議、調停での離婚であれば、合意により養育費を一括前払いとすることができます。

○を出す主婦のイラスト養育費は、未成熟の子を監護養育していくために、その日常生活において日々必要となる衣食住の費用、教育費、医療費、適度の娯楽等のため、子どもを監護しない親から監護する親に対して支払われる費用です。

日々必要となる子の日常生活の費用の支払という養育費の性質上、毎月○万円、というような定期金給付の方法によることが望ましいとされています。

また、過去の審判例のなかには、「養育費は、その定期金としての本質上、毎月ごとに具体的な養育費支払請求権が発生するものである(東京家審平18.6.29)」としているものがあり、審判手続きで養育費の支払方法が定められる場合は子どもを監護しない親に対する養育費一括前払請求が認められるのは難しいと思われます。

 

たくさんのお金のイメージ画像しかし、合意に基づき、養育費を一括前払いの方法で支払うと取り決めることは可能です。

つまり、協議で養育費の取り決めをする場合、子どもを監護する親と監護しない親が将来の養育費の一括前払いをすることに合意したときは、その合意は有効となります。

調停でも、双方が一括前払いによる方法を希望し、一括前払いが相当だといえる事情がある場合には、希望に沿った内容で調停をさせることがあります。

 

では、養育費の支払方法を一括前払いとする合意がされて離婚した場合において、その後、支払われた養育費では費用が不足し、さらに請求したいという場合は、養育費の再請求が認められるのでしょうか。

 

デイライト法律事務所勝木萌相談風景この点、一括前払いの合意がされた場合であっても、子どもの監護養育は長期間にわたることも多いため、合意時に予測できなかった事情の変更が生じ、当初の合意内容を維持することが不合理・不公平といえる場合には、養育費を再請求することができます。

 

もっとも、養育費の一括前払いを受領した子どもを監護する親は、養育費を計画的に使用して子どもを養育する義務があります。このことから、子どもを監護する親が、養育費を使い尽くすことが容易に予測可能であったのに、子どもを私立学校に通わせるなどしたことにより養育費を使い尽くしたような場合には、養育費の再請求は認められません。

 

 



「養育費」についてよくある相談Q&A


よくある相談Q&A