住宅購入資金の一部が相手の両親や結婚前の預貯金である場合、どのように精算すべきでしょうか?

状況

4000万円の自宅を購入する際、妻が実家から1000万円の援助を受け、これを頭金にし、残額を借り入れて、分割払いをしていました。
離婚するに際し、自宅の時価が2000万円、ローン残高が1500万円であった場合、どのように精算すべきですか?

自宅しか財産分与の対象がない場合、財産分与の対象は、2500万円(4000万円−1500万円)となるようにも思えます。

悩む弁護士のイメージイラストしかし、この事案では、妻が実家から1000万円の援助を受けており、これを無視するのは妥当ではありません。

この1000万円は、結婚生活とは無関係ですから、財産分与の対象とすべきではないからです。

このような場合、妻が自宅の購入代金4000万円のうち、1000万円を負担したので、自宅の時価の4分の1(1000万円÷4000万円)相当額の形成に寄与したと考えるべきです。

これによれば、財産分与の対象額2500万円の4分の1は、妻の寄与により形成されたことになりますから、これを控除した残額(2500万円の4分の3)に2分の1ルールを適用するということになります。

住宅査定のイメージイラストしたがって、

(2500万円☓4分の3÷2)+(2500万円☓4分の1)=1562万5000円

となり、1562万5000円が妻に対する分与額ということになります。

 

 



「財産分与」についてよくある相談Q&A


よくある相談Q&A