養子縁組を解消した後の親権者を決めるにはどうしたらいいでしょうか?

Q:元妻との間に生まれた10歳の次男は、現在母方の伯父の養子となっています。
しかし、その後、私と妻が離婚し、現在、次男の養親となった伯父から次男と養子縁組を解消したいと申し出られています。
養子縁組の解消後、私が次男を引き取りたいのですが、元妻も同じく次男の引き取りを希望しているようで、話し合いになりません。
養子縁組を解消した後の親権者を決めるにはどうしたらいいでしょうか。

離縁後に親権者となるべき者について父母の協議が調わない場合、家庭裁判所に対し、離縁後に親権者となるべき者の指定の調停または審判を申し立てることになります。

泣く男の子

養子縁組の解消、すなわち離縁について、養子縁組の当事者はその協議により、離縁をすることができます。

しかし、養子が15歳未満であるときは、養親と養子の離縁後にその法定代理人となるべき者(離縁代諾権者)とが協議しなければなりません。

養子の父母が離婚していなければ、離縁後の親権は父母が共同して行使することになるので、父母が伯父と協議することになりますが、父母が養子縁組解消時にすでに離婚しているときは、その協議により、父母のどちらが養子の離縁後の親権者となるかを定めなければなりません。

父母のこの協議が調わないとき、又は協議することができないときは、家庭裁判所に離縁後に親権者となるべき者の指定の申し立てをすることになります。

 

デイライト法律事務所勝木萌なお、離縁後の親権者となるべき者の指定の申し立ては、父母のみならず、養子縁組の解消を求めている養親も行うことができます。

また、養子縁組解消の際、実父母がすでに死亡、行方不明等で親権を行使できない場合など、離縁後に法定代理人となるべき者がいない場合には、養子の親族その他利害関係人の請求によって、家庭裁判所が離縁後に養子の未成年後見人となるべき者として選任した者が離縁の代諾権者となり、離縁の協議をすることになります。

 

 



「親権」についてよくある相談Q&A


よくある相談Q&A