娘が孫を虐待しています。親権を喪失または停止させることはできますか?

Q:別居している私の娘は、若くして未婚のまま子どもを出産し、育てています。
しかし、最近、交際相手ができ、幼い子どもを家に置き去りにして数日にわたって帰らなかったり、家にいるときは交際相手と一緒になって躾と称し子どもに殴る蹴るの暴行をしているようです。
児童相談所に相談し、厳重注意をしてもらったのですが、子どもの様子からどんどん悪化しているようです。
子どもを守るために、娘の親権を喪失か、せめて停止させることはできますか。

家事事件手続法上の親権喪失又は親権停止の審判を申し立てることができます。

 

○を出す主婦のイラスト民法上、児童虐待の防止等を図り、児童の権利利益を擁護する観点から、親権者は「子の利益」のために看護教育すべき義務があることが明示され(民法820条)、不適当な親権行使等により「子の利益」を害する場合には親権を喪失し又は停止することができると定めています(民法834、834の2)

親権停止又は親権喪失の確定審判によって親権が全面的に制限されることになります。

 

泣く子供のイメージ画像親権喪失の原因としては、「親権の行使がいちじるしく困難又は不適当であることにより子の利益を著しく害するとき」と定められています。ただし、「2年以内にその原因が消滅する見込みがあるときはこの限りでない」とされています。

一方で、親権停止の原因は、「親権の行使が困難又は不適当であることによりこの利益を害するとき」と定められ、「その原因が消滅するまでに要すると見込まれる期間、子の心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮して、2年間を超えない範囲内で、親権を停止する期間を定める」とされています。

 

これらの規定からすれば、親権行使の困難さ又は不適当さ、子の利益侵害の程度がいずれも著しく、その原因が消滅するまでに要すると見込まれる期間が2年を超える場合には親権喪失を、そうでない場合には親権停止を検討することになります。

IMG_9555_a

子どもの生命を具体的に危険にさらしたような場合、子どもの生活状況が将来的長期的にわたって損なうような場合、子どもの精神面、心理面に与えた影響が甚大で、回復に長期間を要するような場合などは、基本的に子の利益の侵害は著しいものといえるでしょう。

 

 



「親権」についてよくある相談Q&A


よくある相談Q&A