離婚したいのですが小さい子がいます。子どもが大きくなるまで離婚しないほうがいいのでしょうか?

必ずしもそうとは言い切れません。

母子のイメージまず、小さいお子さんがいる場合に離婚に不安になる原因としては、両親が一緒の家庭で子どもを大きくなるまで生活させたほうがいいのではないかと考えたり、子どもの養育費など経済面が不安だという思いがあるのだと思います。

 

まず、離婚を考えるようになったということは、何かしら夫婦生活がうまくいっておらず、辛い思いをしている人もいると思います。

そのような場合に、私たちは、無理に我慢する必要はないと考えています。

仮に離婚したとしても、親権を取得しなかった夫婦の一方は、親であることには変わりありませんので、子どもと会う権利があります(面会交流といいます。詳しくはこちら。)。

そうすると、その面会交流を通じて、子どもは両親と触れ合いながら成長することができます。

 

お金がない主婦のイメージイラスト次に、経済面です。とくに女性はこの点について気にされている方が多いです。

ここでは、離婚の際に、適切な条件を夫婦が協議の上取り決め、離婚協議書や公正証書などの書面にしておくことが大切です。

具体的には、養育費や、財産分与、慰謝料や年金分割などといったことを決めるのです。

しかし、これらについて、どれくらいの額が適正額なのか、分からない方がほとんどだと思いますし、自分で判断すると知らない間に不利な条件で合意してしまう、といったことも考えられます。

法律の専門家である私たちは、みなさんの状況を丁寧に聞き取り、この点について具体的にアドバイスさせていただきます。

そして、適正な額がわかったとしても、なかなか相手がそれに応じてくれない・・・ということがあると思います。

そうしたときには、私たち弁護士が相手と交渉にあたります。

デイライト法律事務所勝木&橋本私たちは、この交渉の部分に特に力を入れています。

さらに、離婚後の生活も見据え、私たちはアドバイスさせていただきます。

たとえば、児童扶養手当といった手当てがあることも、離婚をお考えの人にとっては見逃せないことです。

小さいお子さんがいる場合でも、一人で抱え込まず、まずは私たちデイライト法律事務所まで相談に来てみてください。

 

ご相談の流れはこちらをご覧ください。

 

関連記事:離婚と子どもについて


「離婚が成立するか」についてよくある相談Q&A


よくある相談Q&A