結婚前に購入していた自動車も財産分与の対象となるのでしょうか?

基本的には対象となりません。

×を出す男性のイラスト婚姻前に購入していた自動車は、夫婦の協力関係がない時期に取得した財産ですので、特有財産と考えられます。

もっとも、婚姻前に購入していたとしても、自動車ローンを組んで支払っており、その支払が婚姻後も継続しているような場合、一部は夫婦共有財産といえます。

例えば、婚姻前に140万円の自動車を購入し、その自動車ローンを半分支払った時点で婚姻し、その後ローンを完済したとします。この事案では、自動車の50%が夫婦共有財産となります。

自動車の時価相当額が60万円の場合

03901060万円☓50%=30万円

により、30万円が財産分与の対象となります。

 

 



「財産分与」についてよくある相談Q&A


よくある相談Q&A