なぜ離婚問題は弁護士に相談すべき?弁護士選びが重要な理由とは?

弁護士に離婚の相談をするメリット

離婚を考えている方は、相談する相手として、親や兄弟、友人、弁護士などの士業が考えられます。

弁護士に離婚を相談するメリットとしては、以下の点があげられます。

 

法律の専門家であること

離婚問題では、離婚が認められるか、親権者はどちらとなるか、養育費はいくらとなるか、財産分与や慰謝料を請求できるか、などの問題を検討しなければなりません。

これらはすべて、法律問題となります。

また、これらは相談者の人生を左右するほどの重要なものとなります。

したがって、離婚相談については、法律の専門知識を有する弁護士にご相談されることを強くお勧めいたします。

なお、士業には、弁護士以外にも、行政書士、司法書士、税理士なども存在します。

また、離婚カウンセラーや離婚サポートセンターなどの無資格者が離婚相談を受けていることもあります。

しかし、弁護士以外の者が法律相談に対応することは、法律で禁止されています。

法律が弁護士以外の者の法律相談を禁止しているのは、相談者に間違った助言をしてしまったり、法外な金銭を要求するなどの問題が懸念されるからです。

 

冷静に判断してくれる

ご家族や、ご友人は、あなたの悩みに親身になって聞いてくれると思います。

しかし、ご家族など、あなたに近い人物は、あなたが大変な目に遭っていることから、感情的になってしまい、冷静な判断ができなくなるおそれがあります。

大変なときほど、冷静な第三者の視点から、助言してくれる存在が必要です。

弁護士は、職業として、法律相談を受けているので、一歩引いた視点で、どのようにすべきかを冷静に判断してくれるでしょう。

 

安心感

デイライト法律事務所勝木萌相談風景弁護士は、弁護士法上、守秘義務が課せられています。

そのため、ご相談された個人情報が外部に漏れる心配がありません。

離婚問題は、通常、他人に知られたくない情報が多いという特徴があります。

特に、DV・モラハラ被害者の方は、別居後の住所などは絶対に秘匿されたいと思います。

弁護士であれば、情報漏えいの心配がないので、安心して相談ができます。

 

 

弁護士選びのコツ

離婚問題は弁護士に相談するのが一番として、次に、弁護士選びが重要となります。

ここでは、弁護士選びのポイントを解説します。

 

専門性が高い弁護士の探し方

弁護士は法律の専門家ですが、法律と一口に言っても多種多様な法律があります。

そこで、まずは「離婚問題を専門とする弁護士」を選ぶことが重要となります。

ところが、日本では、幅広く何でも対応するというスタンスの弁護士が多く、離婚問題を専門として取り扱っている弁護士は極めて少数です。

そのため、知り合いの弁護士や知人の紹介などでは、離婚専門の弁護士に相談できない可能性の方が高いでしょう。

専門性が高い弁護士については、インターネットを活用することをお勧めいたします。

その弁護士のホームページを見ると、弁護士のプロフィール情報が掲載されていると思います。

その情報の中で、離婚問題を専門として取り扱っていると記載されていれば、少なくとも離婚問題に注力している可能性が高いと思われます。

 

豊富な実績があること

裁判専門知識やノウハウは、多くの事案をこなすことで、身についていきます。

そのため、できるだけ豊富な実績がある法律事務所を選ぶべきです。

なお、「豊富な実績」は弁護士の経験年数(年齢)ではなく、離婚問題の実績で判断すべきです。

例えば、「年間1件の離婚相談を受ける弁護士A(60歳)」と「年間200件の相談を受ける弁護士B(30歳)」がいたとします。

弁護士Aは年齢が60歳なのでベテランのように見えます。

しかし、離婚事件についての経験は弁護士Bの方が圧倒的に上であり、このような場合、弁護士Bに相談すべきでしょう。

 

離婚事案へのスタンスがあること

離婚問題に真剣に取り組む弁護士は、離婚事案に対する強い「想い」を持っています。

そのような「想い」がある弁護士は、決して事務的な対応をせず、相談者に寄り添って、親身にサポートしてくれると思います。

このような弁護士のスタンスについては、ホームページなどに掲載されていることが多いため、確認されると良いでしょう。

 

相性がいいこと

弁護士も人ですので、いろいろなタイプの方がいます。

離婚事件は依頼すると、すぐには解決せず、長い付き合いとなることがあります。

そのため、弁護士との相性も大切になります。

弁護士との相性は、実際に会ってみなければわからないので、まずは相談を受けて見られることをお勧めいたします。

 

 

デイライトが離婚相談に強い理由

離婚の専門チームがあること

デイライト法律事務所は、開設以来、弁護士の「専門特化」を第1の行動指針としています。

行動指針については、こちらから御覧ください。


離婚事件については、離婚問題に注力する弁護士のみで構成される、離婚事件チームが離婚相談に対応しています。

離婚事件チームに所属する弁護士は、全員がファイナンシャル・プランナーの資格を有しており、法律問題だけではなく、離婚後の生活設計などのサポートも可能です。

また、離婚事件チームには、税理士資格を有する弁護士も在籍しています。

離婚問題では、慰謝料や財産分与などの金銭給付が絡むため、これらの税務問題についてもサポートが必要となることがあります。

このように離婚事件チームには、弁護士を始めとした様々なプロフェッショナルが所属しています。

そして、チームが一丸となって依頼者をサポートする体制を構築しています。

 

累計1万件を超える実績

デイライト法律事務所の離婚事件チームは、事務所の開設当初から存在する歴史があるチームであり、これまでの離婚の相談実績は1万件を超えています。

これは、全国トップレベルの実績であると自負しています。

この豊富な実績に基づくデータ(裁判例、裁判官の特徴等)をチーム内において情報共有することで、その専門性を極限まで高めています。

離婚事件チームの解決実績はこちらのページをご覧ください。

 

高い顧客満足度

デイライトの離婚弁護士は、数多くの離婚事件を担当していますが、その1件1件を決して手を抜かず、丁寧にサポートしています。

デイライトの最高品質のリーガルサービスは、高い顧客満足度に裏打ちされています。

当事務所の顧客満足度について、くわしくはこちらのページをご覧ください。

 

きめ細やかなサポート

デイライト法律事務所橋本相談風景デイライトの離婚事件チームは、離婚・男女問題から生じるあらゆる問題をサポートできる体制を構築しています。

例えば、当事務所は、離婚そのものを迷っている方に対しては、決して離婚を勧めません。

夫婦関係を修復を希望する方には、修復のためのカウンセリングをサポートしています。

また、離婚を決意された方は、離婚を有利にすすめるための証拠や資料を準備しなければなりません。

例えば、不倫の慰謝料を請求するためには、調査会社の報告書が必要となる場合があります。

また、財産分与においては、不動産の査定書が必要となる場合があります。

このような資料を取得するために、当事務所は北九州に所在する、調査会社や不動産業者などと連携しており、希望があれば紹介しています。

さらに、離婚等で悩まれている方は、メンタル面で不調となる場合があります。

このような場合、信頼できる心療内科の紹介を行っています。

私達のこのようなきめ細やかな取り組みは、外部の専門機関からも高く評価されています。

離婚事件チームの表彰実績については、こちらをご覧ください。

 

福岡屈指の法律事務所であること

デイライトは、博多と北九州にオフィスを擁する福岡屈指の法律事務所です。

所属弁護士数は九州トップクラスを誇り、広大なオフィスの中には、キッズルーム、模擬法廷などの最先端の設備があります。

当事務所の所属弁護士等については、こちらをご覧ください。

 

 

安心してご相談ください

デイライトの離婚弁護士は、誰よりも離婚問題に真剣に取り組んでいます。

離婚問題・男女トラブルでお悩みの方は、デイライトの離婚事件チームまで、お気軽にご相談ください。

ご相談については、こちらのページをご覧ください。