株式等

f5f8ee52eebb71dbee2d1d1885920419_s夫婦が婚姻中に株式等の有価証券を取得した場合、財産価値があれば、当然財産分与の対象となります。

 

評価方法

株式等の有価証券は、その時価をもって、評価します。

 

調査方法

上場会社の株式は、取引が頻繁に行われているので、調査は容易です。この場合、経済新聞やインターネットなどで時価を調べることが可能です。

問題となるのは、非上場会社の株式です。実際に多いのは、夫が会社経営者であり、その会社の株式のほとんどを所有しているという場合です。基本的には夫の株式も財産分与の対象と考えられますが、その時価の調査が難しくなります。

このような場合、会社の財務諸表等の資料を揃え、複雑な方法で算出しなければならないので、専門家に依頼して時価を算出することとなります。

 



「株式」の財産分与についてよくあるご相談



その他、財産分与の対象財産

●不動産 預貯金、現金 株式等 退職金
保険 自動車 未払いの婚姻費用