保険

プリント生命保険、学資保険、損害保険には、契約内容によって解約した場合に解約返戻金が発生するものがあります。

その場合には保険に財産的価値があるので、財産分与の対象となります。

これについては、基準時(別居時ないし現在時)の解約返戻金が対象となります。

例えば、夫婦が別居しており、別居後の協力関係がないような場合、解約返戻金の額が別 居時で200万円、現在は500万円であるとすると、基準時は別居時と考えられるので、200万円が対象となります。別居後に増加した300万円は、夫婦 が協力して形成したものとはいえないからです。

 

調査方法

保険については解約返戻金の見込額が財産分与の対象となります。この場合、解約返戻金の見込額の証明書を保険会社へ連絡して取り寄せることとなります。

 

 



「保険」の財産分与についてよくあるご相談



その他、財産分与の対象財産

●不動産 預貯金、現金 株式等 退職金
保険 自動車 未払いの婚姻費用