慰謝料を請求したい

相手が有責配偶者など、ケースによっては、慰謝料を請求できる場合があります。

北九州にお住まいの方の慰謝料に関するお悩みについては、当事務所の離婚弁護士が解決します。

 

 

慰謝料とは

お金慰謝料とは、精神的苦痛に対する損害賠償金をいいます。

民法では、身体、自由、生命、名誉などを侵害する不法行為や債務不履行について請求できるとされています(民法710条)。

不法行為や債務不履行を根拠とするため、慰謝料の請求には、相手の故意・過失、つまり有責性が要件となります。

離婚問題では、パートナーの不貞行為や暴力行為が慰謝料を請求できる場合の典型です。

夫婦の双方ともに有責性があって破綻した場合や自分のみに有責性がある場合、慰謝料を請求することはできません。

 

 

慰謝料の相場

離婚慰謝料の金額はケース・バイ・ケースですので、はっきりといくらになるとは断言しにくい状況です。

財産上の損害と異なり、精神的な傷つき具合を金銭に換算することは難しいからです。

裁判例を分析すると、婚姻期間、年齢、子どもの有無、親権の帰属、有責行為の程度・態様、加害者側の社会的地位や支払い能力、被害者の離婚後の生活状況等が考慮されているようです。

電卓とお金事案によっては、相手方の不貞行為や暴力などが悪質な場合、下記のとおり、1000万円を超える高額な離婚慰謝料を認める裁判例もあります。
・1000万円の離婚慰謝料を認めた判例として岡山地倉敷支判平15.2.18
・1500万円の慰謝料を認めた判例として東京高判平1.11.22

しかし、通常の不貞行為の事案では、裁判例だと 200万円〜300万円程度のものが多い傾向です。

 

 

慰謝料を請求する理由

弁護士欧米と比べると、日本の裁判例では、上記のとおり、それほど慰謝料が高額化する例は少ない状況です。

しかし、相手が有責配偶者の場合、慰謝料の請求をご希望される方がほとんどです。

これは、「お金をもらいたい」という経済的な理由ではなく、「悪い行いをした相手を見逃すことはできない」という情緒的な理由からです。

 

 

離婚弁護士に慰謝料請求を任せるメリット

デイライト法律事務所ロゴ当事務所の離婚弁護士は、深く傷ついた被害者の方の感情に「寄り添い」、加害者に罪を償わせるよう全力でサポートします。

当事務所の離婚弁護士は、離婚慰謝料について圧倒的な解決実績を誇っております。

その経験に基づき、慰謝料請求については以下のようなスタンスをもっています。

 

①早期解決

弁護士の仕事というと、裁判をイメージされる方が多いと思います。

しかし、慰謝料請求について、裁判になると、控訴審を含めた判決まで数年を要することもあります。

長期間にわたって、裁判で泥沼の紛争を続けるのは、何よりも依頼者の方に負担となります。

長期化すれば、ストレスがそれだけ大きくなりますし、訴訟費用等の弁護士報酬も高額化する傾向にあるからです。

時計当事務所の離婚弁護士は、依頼者の方を早期に紛争から解放するために、まずは協議で解決することをスタンスとしています。

すなわち、当事務所の弁護士が依頼者の代理人となって、相手や相手の弁護士と直接交渉し、示談による解決を目指します。

当事務所ではこのスキームを「代理交渉」と呼んでいます。

②不貞の相手を後悔させる

不貞行為の事案では、加害者がパートナーだけではなく、パートナーの相手がいます。

当事務所の離婚弁護士は、被害者の方をつらい目にあわせた不貞相手に対しても、きっちりと罪を償ってもらうべく、慰謝料請求を並行して行います。

 

③徹底的に戦う

当事務所の離婚弁護士は、まずは協議での早期解決を提案しますが、ケースによっては、訴訟を提起し、徹底的に戦います。

例えば、示談で解決しようとしたものの、相手が不貞行為を認めないなど、不誠実な対応をしている場合や、依頼者の裁判の希望が強い場合(不貞相手を訴訟に引きずり出したいなど)が典型です。

 

④証拠保全のサポート

記録相手が不貞行為を認めない場合、訴訟となる可能性があります。

当事務所の離婚弁護士は、訴訟において敗訴のリスクを限りなく減らすために、立証活動に力を入れています。

例えば、調査会社による不貞行為の調査活動です。

当事務所は北九州の調査会社と強力に連携しており、ご希望に方には定評のある調査会社をご紹介することも可能です。

⑤経済的利益の最大化をはかる

電卓とお金裁判においては不貞行為の慰謝料はそれほど高額となりません。

しかし、当事務所は、高額な賠償額を獲得できるようサポートしています。

例えば、上記のとおり、当事務所は代理交渉に力を入れています。裁判ではそれほど高額とならない慰謝料でも、裁判所を通さない示談にすることで通常の裁判基準を上回る慰謝料を獲得できる場合があります。

また、パートナーに対してだけではなく、不貞相手に対して慰謝料を並行して請求することで、賠償額の回収可能性を高めることもできます。

当事務所の実際の解決事例は、こちらをごらんください。

 

 

慰謝料請求の弁護士料金

相談料

電卓30分 5000円(税別)

代理交渉等をご依頼された場合の弁護士料金はこちらをごらんください。

 

 

ご相談の方法

話し合いご相談の流れについてはこちらをごらんください。

当事務所は慰謝料の相談に絶対的な自信を持っています。

まずはお気軽にご相談ください。

 

 

 

離婚弁護士が解説!お悩み別解決法

離婚の成立に関するお悩み
  離婚について
お子さんに関するお悩み
  親権について
  面会交流について
お金に関するお悩み
  慰謝料について
  財産分与について
  年金分割について
  養育費について
  生活費(婚姻費用)について